住まいの特徴・保証

プライムホーム住まいの特徴

ストロング工法

無資格の監督には任せられません!
プライムホームでは、みなさんの家を管理する現
場監督は「建築士または建築施工管理技士」の
資格を持った人間が行います。

基礎はコーナーハンチ基礎工法を採用

コーナーハンチベタ基礎工法とは、建物の角をさらに補強したコーナーハンチ基礎を採用し地震対策と耐久性
を高めています。
ホールダウン金物は構造計算をして配置。
基礎と建物の間に免震・防湿ゴムを設置。振動や湿気から建物を守ります。
コーナーハンチ基礎

剛構造の床(1階・2階)

従来の105mm×45mmの構造材を105mm×150mmと太くし、さらにその上に28mmもの厚い構造用合
板をすき間なく敷き込み、床の剛性を高めました。地震、台風などの横方向の揺れに、強い抵抗力を発揮しま
す。
JAS
構造材の全てに乾燥集成材を使用しているので耐久性が優れています。これらは、ムク材の1.5
の強度を持ち、もちろんJAS規格です。
スーパーフレーム
一般木造では太い梁と梁の間を細い根太を配します。この細い根太が床鳴の原因でした。根太を
なくし梁の上に28mmの構造用合板で固めることにより、高い耐震性を得る事ができました。

生活音を遮断する快適住宅

毎日を快適に暮らすために、これからは生活音の遮断を備えた住宅が求められています。
■外壁ALC
■屋根材
暑さ寒さに強い陶器瓦。
しかもメンテナンスが不要で
す。

省エネ対策対応

環境に配慮し、省エネルギー化は社会共通に求められています。
■ペアガラス
ガラスを2枚にして組み立ててあるので、防音性能はもとより遮断性能も高く、冷暖房の効
率を高め光熱費を軽減します。

省エネペアサッシガラス
防音・断熱に優れたペアガラスサッシです。

プライムホームの保証

■まもりすまい保険(住宅瑕疵担保責任保険【1号保険】)
この保険は、住宅保証機構が「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律」に基づいて行うものです。
JIO(日本住宅保証検査機構)が、「基礎配筋検査」「躯体検査」の2回の現場検査を実施し、欠陥のない住まいを実現します。
完成後も
10年の継続点検保証
を受けることができます。

保険のしくみ
保険のしくみ
保険の対象となる基本構造部分
住宅瑕疵担保履行法に基づき定められた、構造耐力上主要な部分および雨水の侵入を防止する部分に関する10年間の瑕疵
担保責任の範囲が保険の対象となります。
木造(在来軸組工法)の戸建住宅
(例)2階建ての場合の骨組み(小屋組、軸組、床組)等の構成
鉄筋コンクリート造(壁式工法)の共同住宅
(例)2階建ての場合の骨組み(壁、床版)等の構成

  • 住宅瑕疵担保保険
    【まもりすまい保険】
  • 住宅瑕疵担保保険
    JIO(株)日本住宅保証検査機構】

各種お問い合わせ・ご相談

055-977-3110
メールでのお問い合わせはコチラ

住まいに役立つ資料を無料でプレゼント!

  • 家づくりの色々なことを知りたい!教えて欲しい!
  • 住まいの詳しいプラン例の資料が欲しい!
  • 資金についての相談をしたい!
  • 住まいの教室・セミナーに申込みたい!

体感モデルハウス
体感見学受付中!

ブログ広場

スタッフブログ
今週の建築中!