スタッフブログ

一体だれが!? 鳥獣対策について

先日、施工中物件近隣の方より、屋根裏でガサガサ音がするとのご相談を受けました。

築30年近い増築部分の屋根裏なのですが、天井点検口部分より
点検をしてみました。
以前は屋根上よりハクビシンの侵入などもあったようですので
今回もハクビシンの可能性があるかもしれないとゆうことで
痕跡を探してみました。

屋根裏は隙間も見えず、断熱材上には小さな糞のようなものがありましたが、
ハクビシンのように大きな動物ではなさそうです。

この状況ですと、ネズミの可能性があるのかもしれませんね。
あとはコウモリなどの可能性もあります。

後日、床下付近、壁からもキーキーと鳴き声もするとのことで
再度調査してみました。

床下点検口から覗いてみると
床下は材の隙間もなく問題なさそうでした。

考察としまして、
・ハクビシンの可能性 低
大きな動物でしたら足跡やニオイなどの痕跡がありそうなので
今回は可能性が低いようです。
・イエコウモリの可能性 中
糞などからネズミと似たような糞もあるようなので
可能性はありますが、軒先などの進入路はほぼなかったので
今回は可能性が低いようです。
・ネズミの可能性 大
壁の中、鳴き声など、糞の痕跡もありましたので
おそらくネズミの可能性 大です。

以上のことから実際に見ることはできませんでしたが、
ネズミ除けの対策として、増築母屋部分、古い床下からの侵入の可能性がある為

0.5mmの網を張り、侵入を妨げる対策をすることになりました。

完全な対策はなかなか見つからないと思いますが、
できる限りの対策をしていくしかなさそうですね。

 

  • お問い合わせ
  • 土地情報
award